2018年12月14日

道すがら


大阪に行く機会があり

道中
太陽の塔に立ち寄ったのですが
よく観るとその顔に
まぶたと黒目があることに気がつき
いままで、カッと目を見開いているのだとばかり思っていましたが
岡本太郎がつくりたかったのは
うっすらと目を開けた仏像のような像だったのだのだと
その意図を少しだけ理解できた気がしました

DSCF3984ブログ用.jpg


posted by yuko at 00:41| Comment(0) | 取材

2018年12月03日

有難うございました

栃木県鹿沼市での展覧会が終了しました
ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました

DSCF3401加工3.jpg

校舎がもつ魅力を邪魔しないように
と思って空間をつくったのですが
もっと
消えてしまいそうなくらい
朧げでも良かった気がします

これからの課題として自分に問いかけていきたいと思います

芸術祭に携わってくださったみなさま
一緒に展示をした写真家の糸井潤さん
大変お世話になりました

このような素敵な場所に出会えて感謝します


posted by yuko at 17:02| Comment(0) | 展覧会

2018年11月10日

旧粟野中学校での展覧会開催のお知らせ


国の文化財になっている、栃木県鹿沼市の木造校舎で展覧会をします

20180909132340.jpg

「学校が未来を面白くする」
第一会場:粟野中学校。2018年11/19-11/30(23・24休館)8:30-16:00
第二会場:旧粟野中学校。2018年11/18-11/30(月曜休館)10:00-15:00
私の作品は旧粟野中学校に展示します

img002.jpg
1949年に建てられた粟野中学校の木造校舎は、粟野財産区の良材を使用したことから、現在でも狂いの少ない姿で残されており、今では貴重な木製機のガラス窓がはめられています。2003年に閉校となりましたが、地域住民の愛着も深く、現在は映画やドラマのロケ地として使用されています。(鹿沼市ホームページより)

この木造校舎にはじめて入ったときに
使い込まれた階段の手すりや
廊下の傷
教室や下駄箱
それぞれに
ひとの記憶が留まり
ゆっくりと時間が経過しているのを感じました

そういった気配を尊ぶように
そっと作品たちを置いてきたい
と思っています



posted by yuko at 23:19| Comment(0) | お知らせ